dot審美歯科治療で大切なこと

昨今、「審美歯科」という言葉をよく耳にします。歯科界においてはこの表現は正式な定義のあるものではなく、要するに審美ということを最優先させて治療することなどを示していると思われます。健康保険制度の問題もあり、日本では欧米(特にアメリカ)に比べ見た目に金属の修復が多く確かに審美的とは言えないのが実情です。また欧米では歯並びが悪ければ子供のときに矯正してしまいますが、日本ではその辺りも遅れており大人になったときの前場の歯並びの悪さが審美を損ねている方も多いと思われます。

人に与える印象としてスマイルが美しいことはとても大切なことであり、特に現代においては社会生活上重要なことであります。しかし、ここで問題となるのは機能(食べる・話す)を無視して見た目だけを取り繕うとする治療であります。

例えば歯を支える歯周病やかみ合わせの崩壊に対する処置をしないまま被せ物だけを治療したり、本来矯正をすべきなのにその説明もせずに被せ物だけで見た目を作ったりして、しかも根の中の治療はグチャグチャというのでは困ります。

まず、きちんと食事が出来る・話すことが出来る・治療が長持ちするという条件がクリアーされて初めて審美性を追及していくというのが本筋であると考えております。またその審美性も一時しのぎではなく、長く良い状態を保つためには患者様も我々もそれ相応の努力も必要となるのです。

トレンドのように「審美歯科」という言葉が飛び交っておりますが歯科の一つの分野であり美容とは違いますので、そのあたりは勘違いしないようにしたいものです。

上記のように、当院の審美歯科治療では健全な歯としての機能美を前提とした、見た目の美しさを目指しています。主に金属色を回避できる、白色で硬く丈夫な優れた素材である「セラミック」(陶材)を使用した治療と、先天性・加齢など様々な原因で黄ばんでしまった歯を白くするホワイトニングを行っています。

歯と同じ色で治療したい

セラミック材料

歯全体を白くしたい

ホワイトニング

dotセラミック素材の種類と比較

「セラミック」(陶材)は、詰め物やかぶせ物に使われる歯科材料の名称です。歯に近い白色の歯科材料で、硬度もかなりございます。下記は審美歯科治療で主に使われる材料の比較です。症状や患者様のご要望に応じて、適切な素材を選択いたします。

硬質レジン

メリット

プラスチックの素材で保険範囲内の治療。

デメリット

変色・着色しやすく、強度は柔らかく破折・摩耗しやすい。

メタルボンド

メリット

陶材と金属を焼き付けて作るので強度がある。

デメリット

金属の裏打ちをした冠は経年的に金属が露出して歯肉との境目が黒く見えたり、自然な歯の輝きが思うように出にくい。

ハイブリットセラミック

メリット

オールセラミックより安価。金属を使用しないため歯肉が黒ずみにくい。金属アレルギーの心配が無い。

デメリット

耐摩耗性がやや劣る。オールセラミックと比較して、修復時の色ツヤが劣化しやすい。

オールセラミック

メリット

天然歯同様の自然な仕上がりが期待できる。金属を使用しないため歯肉が黒ずみにくい。強度、生体親和性が高い。金属アレルギーの心配が無い。

デメリット

保険外の治療。

dotセラミック素材の治療

オールセラミック クラウン

口腔内のすべての歯に適用できる方法で、土台となる歯の外側に人工歯としてすっぽりかぶせるタイプです。セラミックのみで作られているので金属アレルギーの方に有効ではないでしょうか。インプラントとの併用で天然歯とほとんど見分けがつかない仕上がりが期待できます。

オールセラミック ブリッジ

オールセラミックによるブリッジは強度の高いジルコニアを使用し、透過性に優れた素材のため審美性に優れ、見た目が重要になる前歯部の症例に適応しています。

オールセラミック ラミネート

前歯のエナメル層を薄く削り、その上にセラミックを貼り付けるものです。こちらもセラミックのみで作られているので金属アレルギーの方に有効だと思われます。よく目立つ前歯でもプロセラ・オールセラムのもつ理想的な光の透過性が高い審美性を発揮します。

dotホワイトニング

ホワイトニングとは、そのような歯牙を削ったり傷つけたりすることなく特殊な薬効を用いた「漂泊」により歯牙を白くする処置のことを指します。 ホワイトニングには大きく分けて、一般的にご自宅で行うホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングの2種類ありますが、当院ではホームホワイトニングを採用しております。

ホワイトニングはオフィスホワイトニングより効果があらわれるまで時間がかかりますが、徐々にホワイトニングされるため、自然な白さで理想の白さになるまで続ける事が可能で、後戻りも少ないです。

また、オフィスホワイトニングに用いる薬剤と比べて濃度が低いため、しみる症状が出現しにくいです。患者様のお好きな時間にできるホワイトニングというのも大きな特徴です。

どこで行うの?

ご自宅で患者様が行うことができます。

期間は?

● 毎日の場合:2~4週間
2〜3日に1回の場合:1~2ヶ月

効果は?

徐々に色が変化するため、効果はオフィスより長いです。

どこで行うの?

歯科医院で専用の機械を用いて行います。

期間は?

1〜3回の来院で歯が徐々に白くなってきます。

効果は?

色の持続性はホームホワイトニングよりやや劣ります。

歯医者さんは虫歯になってから行くところと思っておられませんか?実は虫歯をはじめ歯に関する病いは、日頃の予防で未然に防げる場合も多いのです。効果的な歯みがきの方法は?入れ歯がグラグラする?歯がしみる?などなど、痛くなるまで我慢せず、小さい事でも気になることがあればぜひお気軽にご相談下さい。