復職をお考えの歯科衛生士さんへお知らせ

復職をお考えの歯科衛生士さんへお知らせ


「道半ば」ゆえの不安
歯科衛生士さん(以下DH)の平均職業寿命って意外と短くて、20代の内に引退する方が多いです。理由は様々で結婚や出産だったり職場に恵まれなかったりそれぞれの事情はありますが共通してるのが「歯科衛生士として復帰したい!」けど「復職に自信が持てない…」という点です。もちろんブランクがあれば不安になるのも当然なんですが、もっと根本的な要素として皆さんの心の中で、

「今までやってきたDHとしての経験やスキルが他の職場で通じるのか?」

という不安はありませんか?
何年間もDHとして働いてきたのになぜ?

そうなんです。皆さんが身に付けているのは専門職としてのスキルではなく、その職場でのやり方や考え方、院長先生の治療方法だからなんです。(私たちはこれらをローカルルールと呼んでいます)これでは他の環境に行くにも不安になって当然です。

目標を持てば道は開ける
プロフェッショナルとしてどこに行っても自信を持って力を発揮するには、ローカルルールを身に付けるだけでは不足しています。その時代に合わせた標準的な治療や考え方だけでなく、メンテナンスの概念や治療のプロセスなども学術的に知識として身に付けておかないといけません。

それらを自分の職場のローカルルールや考え方に合わせて発揮していくこと、そしてその結果としてクリニックからも患者さんからも信頼され、頼られる存在となることこそがプロフェッショナルDHだと思います。

歯石を上手に除去できるとか、矯正のワイヤーが曲げられるとか、PMTCが出来るといったことは、この様なプロ意識の上にあるからこそ意味を持つのであって単なる作業として捉えていると、その職場でしか通用しないスキルとなってしまうのです。

大切なのは共に働くチーム全体にいかに貢献し、周囲の人たちに良い影響を与えられるか、そして患者様に喜んでもらうための知識や技術の習得であることを忘れないこと。1人1人がそんな意識で働ける職場を経験したら、自然と自信もついて堂々と復職や転職が出来ると思います。多少のブランクなんて吹き飛ばせるはず!

経験が活きる現場はきっとあります
復職をお考えのDHさんに向けて、東京都歯科医師会主催の復職支援プログラムもあります。日本全体でDH不足が叫ばれています。ある意味では職場は選びたい放題の最高の時代です!緊張と不安もあると思いますが、1歩踏み出して少しずつでも復帰したら新卒の時とは違うDHとしての本当のやりがいや楽しさに気付けること間違いなしです!

東京都歯科医師会も復職支援研修を開催していますので興味がある方は是非!

●関連リンク
東京都歯科医師会ホームページ

●関連リンク
離職中の歯科衛生士のための復職支援

●関連リンク
復職支援研修会の開催予定PDF

※ 残念ながら、第1期2020年5月16日(土)、5月17日(日) につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により開催中止が発表されております。