歯周病とタバコの関係について

歯周病とタバコの関係について


現在、タバコは歯周病を悪化させる原因の1つとされています。欧米の歯科医師の中には、「喫煙者の歯周病の治療は無駄である」 と極論する人さえいます。
疫学調査によると10年間で失う歯の数が、タバコを吸わない人に比べて、約3倍という報告もあります。

タバコを吸うことにより、血流が悪くなり、免疫も下がります。また、歯茎への栄養も行き渡らなくなります。さらにはニコチン、タールが歯の表面につくと、粗造な面になり、汚れが付きやすくなります。
その結果、歯周病になりやすいだけでなく、抜歯後の傷口の回復、歯茎の処置後の治り具合、インプラント手術後の成績が落ちるなど、あらゆる歯科の処置に悪い影響を及ぼします。我々専門家としては、歯そして全身への影響を考えても禁煙は必要だと考えています。

この文章を読んでいただいて、すぐに禁煙は難しいとは思いますが、
少しづつでも減らしていっていただければ幸いです。