妊娠・出産と歯周病のリスクについて

妊娠・出産と歯周病のリスクについて


妊婦さんと歯科でいうと一番トピックスで上がるのは妊娠と歯周病の関係です。アメリカの研究では、歯周病が進んでいる方はそうでない方に比べて、早産や低体重児出産のリスクが7.5倍あったそうです。これは、年齢やタバコ、アルコール等よりも大きい数字です。

妊娠中は女性ホルモンが増えて歯肉に炎症が起きやすく、歯周病になりやすい時期と言えます。また、つわりのせいで歯ブラシ自体も難しくなる方も多くいらっしゃいます。
妊娠中期5か月~7か月は比較的安定しており、麻酔やレントゲンのリスクも少なく歯科医院に行くには一番良い時期ですので、一度行ってみると良いかもしれませんね。
もちろん、当院でも妊婦さんの歯科治療、検診をおこなっておりますし、その方の時期、体調に合わせて、ご相談の上診療を進めてまいりますので、ご安心下さい。